2017年2月8日水曜日

雪下キャベツの浅漬け

収穫が間に合わなくて雪の下になったキャベツを採ってきて浅漬けに漬けてみた




おふくろがインフルエンザ?その4

午後の診療は14:30からなんだけれど,ちょっと早めに到着。
医師は時間前なのでいないが指示を受けているからと点滴開始。

昨日と同じ生理的食塩液100ml,ソルデム3A500ml。
昨日は約2時間で落としたので今日もそのくらいかと思ったら17時過ぎまでかかるとのこと・・・・3時間・・・・

しばらくして職員が血液検査の結果とやらを持ってきた。でも「はいこれ結果です」
っていうだけで何がどうしたから今日の点滴なのか何も説明なし
後で詳しいダチにい聞いたら,CRPの数値がおとといより昨日の方が高くなっていたのでそうなったのではないかとのこと。ついでにCRPって何なのかも病院関係者ではなくそのダチに教えてもらった。

そんなこともあろうかとコミック版仮面ライダークウガ3冊を持って行ったのだがすべて読み終えてしまい,スマホで花札こいこいなどをやりつつ時間を過ごす。

17時20分,昨日よりさらにたくさん残っているにも関わらず,はい終了。
3日間お疲れさまでしたってねぎらいの言葉を背に帰路に就くのであった。

は~っ。

終わり

おふくろがインフルエンザ?その3

今朝のおふくろ,体温36度3分ほぼ平熱。
昨日まで震えて上がらなかった手も多少上がるようになり,さすがに箸を持つことはできないが自分でスプーンをもってとろろご飯を丸々1膳食べきった。
2日間無口であったが,多少調子がよくなったので早速憎まれ口も聞いている。

そんな様子を病院へ電話をしたところ受けた人は,どうも何の意味の電話か分からず(昨日の帰りがけのお約束が伝わっていなかったみたいだ),そのお約束内容を説明して返答待ち。

しばらくして
「今日は点滴に来なくていいです。」
と電話があったのでまあとりあえずよかったよかった寒い中引っ張りまわさずに済んだ,と思っていたら,追っかけの電話
「血液検査をしたら結果がなんちゃらだったのでやっぱり点滴に来てください」
「血液検査したんですか,何も聞いていないんですけれど」
「はい検査したんです」
「・・・・・・」
「今,本人,薬が効いてぐっすり寝込んでいるので午後でもいいですか」
「はいいいですよ」
「・・・・・,じゃあ午後連れていきます」

続く