2015年12月25日金曜日

すし屋で忘年会

同級生のおじさんおばさん数名が集まってすし屋で忘年会




鍋に入っていたこの麺のごときものの正体は・・・・
小麦じゃないし米粉でもないし・・・・ってほかの人たちが悩む中,的中させたのはリアルコシヒカリを都合してくれた農業中年とおいらでした。
正解はこんにゃくです。

すし屋なので

ふぐの皮紅葉おろしとポン酢で

焼酎お湯割りレモン入り
 クリスマスプレゼントもらいました
大変結構でした、。ごちそうさま

並折1人前作っておいてもらったのでかーちゃんと二次会
並折にも関わらず中トロの握りが2つも

八つ頭の煮つけ@煮込み隊フルハシ隊員

妹の義父母は十日町の中山間地で農業一筋に生きてきた。
娘が嫁ぎ,息子が所帯を持って上越に居を構えてもその生き方は変わらなかった。
しかし,中越大震災・長野県北部地震で家は傾き,生きがいにしてきた田んぼの一部も崩落した。
そして,老いていく自分たちの将来を見捨え,断腸の思いで田畑をやめ住み慣れた故郷を去る決意をしたらしい。
今は息子の新居の土地の一部に自分たちだけの小さな住まいを立て暮らしている。
だが,農作物を育てることへの情熱がついえたわけではなく,十日町に残してきたわずかな畑に通勤農業をしたり,近所の使わなくなった畑を借りたりしていろいろなものを作っている。

長年精を出してきたことだからどんな野菜もさすがに上手に育てる。そして時折我が家へもおすそ分けをしてくれる(でもうちでも作っているもんだったりして)。

ところでうちのかーちゃん,なんでもそうだが特に料理はやり始めれば手際よく上手に作るくせに・・・・・やる気になるまで超時間がかかる。そのうちに野菜なんかは腐ってきて・・・・使わずに捨ててしまうことも(^^;
待ち切れずにおいらが作ると・・・・激辛コメントが・・・・帰ってくる(^^;

ちょっと前振りが長くなったが,妹んちのじいちゃんが作った八つ頭が一部腐り始めてきた。
もったいないので激辛コメント覚悟のうえで煮込み隊フルハシ隊員が出場

八つ頭の腐った部分を取り除き皮をむき
 シイタケとニンジンを乱切りにして炊き合わせます

圧力鍋に具材と調味料を入れ味を見て
沸騰後弱火にして3分
この間すじ煮を作ったときは時計を見ていたけれど,うちの電磁調理器に時間でOFFになるタイマーなるものがついていたんだ(^^;

あとは昼飯を食いながら自然冷やして
はい,八つ頭の煮込みの・・・・完成です。

煮汁の残りは何かの時のための秘伝のたれに(影>秘伝のたればかりが増えていきますね)

反省会
八つ頭もニンジンも”かまないのにとけちゃった~”くらいになったけれどこれって柔らかすぎ??
野菜室にもうそうたけのタケノコ水煮があった。これも一緒に煮付ければよかった

牛丼大盛り@我が家

昨日の晩飯はすき焼き風煮だった。
そんなにたくさん作ったわけではないが余ってしまったので今日の昼はそれで牛丼
これまた残っていた野菜炒めの残り物とかも入れて煮なおし

いただきます

うーんつゆだく。多すぎておじや状態(^^;

ごちそうさまでした