2015年11月5日木曜日

ちゃんぽん食べたか

直江津駅からニューハルピンの前を通り国体道路にぶつかるT字路の右の角にちゃんぽん専門店があった。20年近く前の話である。
松風苑だったとんぼだったかで忘年会をした帰りに,当時の次長と同僚3人ほどと仕上げのちゃんぽんを食べて帰ったのを思い出す。
カウンター越しに眺めた,でっかい中華鍋に野菜も具材も麺もみんな放り込んで大胆に仕上げられていく料理の風景を今でも覚えている。
「そのへんでちゃんぽんとかって出している店があるけど,だいたい普通の中華麺に野菜炒めが乗っかたラーメン。ほんとのちゃんぽんって言うのは煮込んで作るための特別な麺使ってるんだよ」
旅慣れた次長がそんなことを教えてくれた。

その後2度長崎へ旅する機会があったが大皿料理の一品としてクタクタになったちゃんぽんや皿うどんを食べたことしか覚えていない。

ちゃんぽん食べたか

リンガーハットも近くにはない。じゃあ得意の真似っ子で気分だけでも

スープの用意。とりとんもどきに使った鍋キューブ濃厚白湯


具材は半額の野菜MIX
 と冷凍シーフード

麺は生麺使えないし,ゆで中華麺があったがちょっと量が少なかったし、なのでこれ
 むし中華。JAS法ではかんすいが使われているのを中華麺に分類するらしい

では調理
熱した中華鍋にラードと
 ニンニクを入れ
 シーフードを炒めます
続いて野菜も炒めます
スープ投入
 麺を入れてひと煮立ち

かくして気分だけちゃんぽんの・・・・完成です
いただきます。

うーん気分気分

ごちそうさまでした。

反省会
冷凍シーフードから水が出ちゃって野菜が炒めではなく煮物になってしまったわ。順番逆だったね。
鍋の中では結構多そうだったので八寸鉢を使ったけれどそれほどでもなかったね。かと言って七寸の切立丼じゃちょと不安だし7寸の高台丼が1つほしいわ
スープがもう少し多くても良かったかな