2015年10月29日木曜日

ナッツ

輸入でしか食べられないナッツ類は結構値段がはる。

比較的最近まで,歳とり年始めの時期以外に自分で買うことはほとんどなかったし,その時期の特別なおつまみのように思っていた。

おふくろが突然「これお前にやるわ」って行って持ってきた
買い与えた覚えがないのにどこで手に入れたんだろう???

チャーシューメン大盛り@えいしん

Komachiのラーメンパスポート


効力が発行してからも県外二郎系ツアーなんかにうつつを抜かしていてここまで来てしまった。
Komachiが530円,だからその金額相当以上の特典をゲットすれば元をとることができる。

トッピングもいいけれどやっぱり「その場でズバッと現金値引き」だな(^^;

ということで現金値引きの「えいしん」へ。この店へ来るのは実は初めて
店に入った途端に芳しい煮干しの香り

一応メニュー等(帰りに一杯の裏面は割愛)

ひとひとよんご,前客なし,後客2,チャーシューメン大盛りをパスポート提示で注文。
待つことしばしいらっしゃいました。いただきます。

シャープな醤油ダレに,時間を掛けて炊きあげられたのだろう思われる見た目ではわからない濃厚な豚。合わせて香り立つ魚や甘みのある野菜の風味が実にバランスよく組み立てられたスープに感じました。おおそういえば際立つしょうがも。なんだかとっても懐かしい。
 加水率高めと思われる縮れの少ない細麺。
 しっかり煮てトロトロになったチャーシューがいっぱい。比較的味わい柔らか。出汁の中で煮こまれこの豚の風味も出汁の中にしっかり溶け込み,その他の出し具材の旨味も吸い込んでいる感じ。
 あっさり目シャキシャキのメンマ
 菜っ葉は良くありがちなほうれん草ではなく歯ごたえしっかりの小松菜と思われる。
 季節到来のネギの味わいが実に似合うラーメン。
 
貧乏長屋の小倅が50年前,初めて近所の食堂で食べたのを思い出させてくれるような全てにおいて懐かしい一杯でした。

大変結構でした。ごちそうさま

麺爆怒門で200円の現金値引き,神楽屋で150円のトッピング,えいしんで200円の現金値引き。合計550円。よしよし元とったどー。